Nintendo Switch と一緒に買ったもの

  • WORD COUNT: 1482

2020年3月から、ヨドバシカメラやビックカメラなどの Nintendo Switch 購入権の抽選に応募し続けていたところ、6月28日 にビックカメラの再抽選で当選したので、周辺機器と一緒に購入しました。

micro SD カード

主にダウンロード版のソフトを購入する場合は micro SD カードが必須です。Amazon で SD カードを購入する場合、マーケットプレイスで偽物をつかまされる場合があるようなので、標品ページの「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」の表記を確認してからカートに入れるようにします。

Switch には内蔵のストレージがありますが、システム領域含め32GBなので、スマブラやゼルダなどの容量の大きなソフトを買うと2、3本しか入りません。ニンテンドーストアで購入予定のゲーム紹介ページを見て、「確実に必要な容量+今後必要かもしれない容量」の micro SD カードを購入します。一部のソフトについて、2020/07/04時点の容量を例示します。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL15.9GB
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド14.4GB
ポケットモンスター ソード/シールド11.3GB
マリオカート8 デラックス6.8GB
あつまれ どうぶつの森6.7GB
スプラトゥーン26.1GB
Minecraft Dungeons3.7GB
スーパー マリオパーティ2.8GB
世界のアソビ大全512.3GB
Minecraft1.0GB

ガラスフィルム

Switch 本体のディスプレイはガラスではなく樹脂製のようなので、日常的な扱いでもスマホより傷がつきやすい可能性があります。このため、Switch を箱から出したらすぐにガラスフィルムを貼りました。

追加のコントローラー

二人対戦する可能性が高かったため、追加のコントローラーを購入しました。金銭的に余裕があれば、公式の Pro コントローラー か 追加の Joy-Con を買うのが最良と思われます。私はケチってこちらを購入しました。使用感は特に違和感もなく普通です。

Joy-Con の充電機能付きのグリップです。本体付属の充電機能なしのグリップだと Joy-Con を付けたり外したりが非常に面倒なので、遊び始めてから1日後に購入しました。

  • LAST MODIFIED: (GMT: )